トラブルに遭ったら冷静な第三者に相談するのが大事

消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の相談が寄せられています。最近では買取に伴う相談電話が増える一方です。例えば一括査定サービスを使ったところ、電話勧誘が鳴り止まない、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、冷静な第三者に相談するのが大事です。諦めてはいけません。売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。しかし見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、買取業者側が今の流行に合ったタイヤにつけなおして売るのが普通だからです。つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はないわけではありませんが、非常に僅かなものです。せっかく交換しても得することはほとんどないでしょう。どんなこともそうですが、準備さえ怠らなければ急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、買取額が増える可能性もあります。準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。もし改造パーツを取り付けているのでしたら、本来のパーツに戻しておくことが大事です。メーカー純正パーツの車というのは買取り査定ではプラスがつく可能性が高いのです。

他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。ウェブの中古車売却見積りサービスを使うと、さまざまな業者から電話がかかってきます。実車を見ないと確実な査定額は出せないので、「すぐにでも伺いたい」「訪問の時間を決めたい」と、先着順と言わんばかりの勢いです。どんなにこちらの事情を説明しても電話を繰り返しかけてくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら他社にお任せしましたと言うのがコツです。品物がないので諦めがつくのでしょう。さもなければ電話連絡以外の選択肢(メールなど)のある査定サイトもありますから、面倒を避けるためにそうしたところを利用するのも良いでしょう。中古車屋に車で行って査定してもらうつもりなら、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、突然の持ち込みでも対応してくれます。ただ、飛び込み査定のときは相場もわからなければ価格競争もありません。結果的に市場価値より安値で売ってしまう可能性もあるわけです。同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうが良い値段がつきます。実際に車を見て査定してもらう際に、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、業者に訪問査定に来てもらうやり方もあり、利用する人も少なくありません。

買取を行っている店舗の多くは無償で出張査定を行っています。出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、同時あるいは同日査定で見積りを出してもらうこともできます。契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、高額な査定結果を得やすいという利点があります。ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら採点される項目には含まれていないからです。しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは中古でも人気が高い品物ですから、それだけで売りに出しても値段がつかないということはありませんし、一部のブランド品などは意外な価格になるので、車とは別に売りましょう。走行距離数が一定以上の車というのは、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。しかしまったく売却不能ということをここで書くつもりはありません。中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと部分ごとに細かく査定してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、他の中古車と同様、状態と人気に左右されます。改造パーツといえども評価が高くて人気があれば評価も多少加点してもらえる可能性があります。しかし後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、むしろ減点になる場合もあるわけです。ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、減点の対象となります。減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。これならいいだろうと思える査定金額に達し、実際に売却する手続きに入ると複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので注意しなければいけません。必ず必要になるのは車検証で、そのほかリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、最新の納税証明書の原本が必要です。また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車ならよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

参考サイト:アウディ買取 | アウディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者
URL:https://www.crocencounters.org/